TOP

阿部内科医院
078-794-1234

往診・訪問診療

糖尿病内科
内科
消化器内科
小児科
健康診断
予防接種
渡航者外来
往診・訪問診療
インターネットからのご予約はこちら
糖尿病専門外来の初診受付はこちら
連携および紹介病院
リンク
糖尿病友の会
オンライン診療
CLINICS by MEDLEY オンライン診療はこちら
休日夜間急患センター
神戸こども初期急病センター

当院は在宅療養支援診療所です

在宅療養支援診療所とは、「医療機関への通院が困難な方」「退院後のケアが必要な方」「寝たきりの方」「がん末期、神経難病、重度障害の方」などで通院が困難な方のために、自宅など住み慣れた場所で過ごしながら病気の治療・療養が受けられるよう、24時間・365日体制で対応できる体制を整えた診療所です。
当院は外来医療専門のクリニックですが、かかりつけの患者さまが高齢化してきている現状を踏まえ、外来通院が困難となっても在宅で医療を継続頂くため、2017年10月より在宅療養支援診療所の申請を行いました。
現時点で、在宅に関わる医師は1名ですが、24時間・365日対応するには十分な体制とは言えず、かかりつけの患者様を優先させて頂いておりますが、かかりつけ以外の患者様でも出来る限り対応させて頂きます。


在宅医療とは

医療は、それを受ける場所によって、下記の三つに分かれます。「在宅医療」とは、体の具合の都合で通院困難な患者さんや、退院して自宅療養を行っている患者さんに対して、定期的にご自宅や高齢者施設などに訪問し、診察を行うことを言います。

  • 外来医療(医療機関の外来に通って受ける)
  • 入院医療(入院して受ける)
  • 在宅医療(居宅などで受ける)
  • 遠隔診療(テレビ電話で受ける)

当院は往診と訪問診療、両方を行っています

体の具合の関係で通院が困難な患者さんや、退院して自宅療養を行っている患者さんについて、医師が患者さんの居宅(ご自宅をはじめご親戚の家、老人ホーム、グループホームなど)に出向いて行う診療が、往診や訪問診療となります。
当クリニックは、往診と訪問診療のいずれも行っております。


往診とは

突発的な病状の変化に対して、患者さんご本人やそのご家族などの要請に応じて緊急的に患者さんの居宅に出向き、診療をすることです。

訪問診療とは

訪問診療とは、病気や障害があっても、ご自宅等にいながらにして医療を受けることができるしくみであり、通院が困難な患者さんのもとに医師や看護師が定期的に訪問し、計画的に治療・看護・健康管理等を行う医療サービスです。
医師・看護師がお住まいを定期的に(通常月2回)訪問し、診察、検査、注射、処置、薬の処方などの治療はもとより転倒や寝たきりの予防、床ずれ予防、栄養管理などを通じて予測されるリスクを回避し、入院が必要となる状態を未然に防ぐようにします。


往診と訪問診療の違い

患者さんやそのご家族などの要請に応じて医師が出向く診療が「往診」(不定期的)であり、あらかじめ医師が診療計画を立て、患者さんの同意を得たうえで定期的に患者さんのお住まいに出向いて診療するのが「訪問診療」です。したがって、訪問診療を受けている患者さんが訪問予定日でない日に急に具合が悪くなり、医師に来てもらったような場合は、「往診」を受けたことになります。

「訪問診療」を行う患者さんには24時間・365日対応を行うための緊急連絡先をお伝えしておりますが、「往診」の場合は外来診療時間外の対応は困難な場合があります。

当クリニックの訪問診療サービスの内容

  • 医師による診療
  • 尿検査や血液検査
  • 在宅酸素療法(HOT)指導管理
  • 中心静脈栄養法(IVH)指導管理
  • 気管切開管理
  • 胃ろうの管理
  • 褥瘡(床ずれ)管理
  • 疼痛管理 など

訪問診療を受けるまでの流れ

当クリニックの訪問診療をお受けいただく際の大まかな流れは次の通りです。

1. ご相談
2. 初回訪問、審査
3. 正式なお申し込み
4. 訪問診療計画のご作成
5. 医療スタッフによる訪問診療の開始

対象者について

年齢、性別、疾患、程度を問わず、通院が困難であれば訪問診療の対象となり、例えば下記のような方が該当します。

  • 医療機関への通院が困難な方
  • 在宅での療養を希望される方
  • 退院後のケアが必要な方
  • 認知症の方
  • 寝たきりの方
  • がん末期、神経難病、重度障害の方
  • 慢性呼吸器疾患で在宅療養が必要な方
  • 胃ろうや尿道カテーテルを使用している方 など

訪問エリア

〇神戸市須磨区、〇垂水区、〇西区、〇中央区

※訪問エリアについての詳細は、お電話等にてお問い合わせください。
※中央区に関しては、当院かかりつけの患者さんに限ります。

【当院より半径16km以内の目安】

診療費用について

各種健康保険が適応となり、入院・通院の時と同じ負担割合になりますが、外来通院されていたときよりも負担が大きくなる場合があります。
在宅での診療費は、訪問回数、必要な管理、処置等により異なるため一概には言えませんが、参考までに診療費の一例を記載しておきます。

診療費の例

1割負担の方: 5,470円~
3割負担の方: 16,400円~
※月2回の定期訪問(訪問診療料)及び24時間対応の総合的な医学管理料として
※訪問にかかる交通費はいただいておりません。
※インフルエンザなどの予防接種、診断書・申請書等の文書作成料などは「自費」扱いとなります。

事前にご相談頂ければ費用の目安をお伝えさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

こんな方はお気軽にご相談ください

  • 退院後の生活や介護に不安がある
  • 通院は難しいと思う
  • できれば家に帰りたい、または帰してあげたい
  • 通院が辛くなってきたものの入院はしたくない、または入院させたくない など

遠隔診療

当院ではCLINICSのシステムを利用した遠隔診療に対応しています。
外来への定期通院は困難になったが、訪問診療を受けるには抵抗があるという方には、スマホもしくはタブレット、パソコンでテレビ電話の機能を用いて受診できる遠隔診療をお勧めします。3か月に1回程度の受診をお勧めしておりますが、状態が安定していれば月1回テレビ電話で診療し、処方箋をご自宅に送らせて頂きます。
必要時往診もさせて頂き、訪問診療への移行が必要と判断した場合にはこちらからお話させて頂きます。

費用の目安

・糖尿病、高血圧、高脂血症(特定疾患)などの生活習慣病のある方:1,500円+診察料+処方箋料
・特定疾患以外で定期通院が必要な方:700円+診察料+処方箋料

連携する医療機関

後方支援病院:国立病院機構神戸医療センター、医療法人社団つかさ会尾原病院
訪問看護ステーション:北須磨訪問看護リハビリセンター